築30年賃貸スマートホーム化計画

Amazon echoを手に入れたのでスマートホーム化がしたい今日この頃

Google Home Miniが我が家にやってきた

Amazon Echoを購入する際に散々悩んだ結果、Amazon一筋でいこうと決めて、早半年。(くらい)

先日、家族揃って夕食を食べているときに、机の上を見るとGoogle Homeの箱が置いてあった。

普段から雑多な机なので物が置いてあっても意識することがないからだろうか。

最初のうちは全く気付かず、いつそれが置かれたかも分からない。

発見したときは、思わず二度見してしまった。

私の影響(?)でスマートスピーカーの利便性を知った父親が自室にも欲しいので購入したらしい。

早速新しいもの好きの私は「新しいおもちゃを手に入れた」と箱を開封し設置。

Echoでスマートスピーカーの勝手はおおよそ知っているので、スムーズに設定。

なによりGoogle Homeは設置やアプリが簡潔で分かりやすい。

少しいじってみた感じの印象をEchoとGoogle Homeで比較してみる

 

Amazon Echo

カスタムや細かい動作を設定できる

スマートリモコンの操作はEchoがしやすい(まだGoogle Homeの操作に慣れていないからかもしれないが)

 

Google Home

簡潔で分かりやすい操作

検索機能が優秀

細かい計算もできる(100×0.06など。Echoではなぜかうまくできない)

 

といった違いを感じた。Echoの方がマニアむけGoogle Homeのほうがファミリー向けといったイメージ。

いろいろ設定をいじくりまわしたい人はEchoの方が応用が利くのかもしれない。

しかし、Google Home音声認識の高さは噂に聞く通り素晴らしい。

検索能力に長けている。

まだ少ししかいじっていないので、未知数だがEchoとGoogle Homeではやはり得意分野が異なるようだ。

対話や音声認識能力ではGoogle Homeが優秀だが、機能面では買い物(私はAmazonユーザーなので)Kindle読み上げ、カスタムスキルを使用できるAmazon Echoの方が優秀だと感じた。

頑なに、どちらかと決めつけるより「使い分け」という選択肢があることに今更気づいた今日この頃。

ちなみに、ラトックシステムのスマートリモコンをGoogle Homeでも登録すれば、EchoからもGoogle Homeからも操作できる。

現在実家のリビングでは、例えば照明をつける際

「アレクサ、和室の照明つけて」でも「OK,Google、和室の照明つけて」でも和室の照明をつけることが可能。

ちょこちょこGoogle Homeもいじっていきたいと思います。