築30年賃貸スマートホーム化計画

Amazon echoを手に入れたのでスマートホーム化がしたい今日この頃

リビング照明スマート化計画(リビング照明の新たな事実)

以前の記事の結果発表

 

tutakiti-dx.hatenablog.com

 ダイニングで使用してみた赤外線リモコン(リモコンスイッチ)をリビングの照明に
移設するという計画ですが、結論から言うと無理でした!

やはり、赤外線受信部が照明本体に隠れてしまい使用できず。残念。

そして、リビング照明の新たな事実が発覚。

リビングのシーリンライトの蛍光灯が一本切れている!

道理で、間接照明を点けないと暗いわけだ。

節約?の為、シーリングライトの帖数の低いものを設置しているのかと思っていた。

(12帖のところに6帖用のライトを付けているといったケチくさいことかと思っていた。)

照明器具自体は設備なので、元から設置されているが確か電球などの消耗品は、借主負担だったような気がする。

前置きはここまでにして、本題のリビングスマート化の件。

赤外線リモコンが使用できないとなると、残された案は2つ

①リモコンを購入する

②照明を購入する

 

①に関しては、以前別売のリモコンが販売されているということで記事にした。 

tutakiti-dx.hatenablog.com

 照明本体を購入するより安価にスマート化することができると有力な案だったが、今回の件で蛍光灯が一本切れていることが発覚した。

となると、①案を採用する場合「リモコン+蛍光灯」の購入が必要になったわけだ。

リモコンが約1,700円 蛍光灯1,000円くらい?(そういえば蛍光灯を購入したことがない)

計3,000円くらい必要だとすれば、②案の可能性も否定できなくなってくる。

拘らなければ、12帖用(リモコン付)を6,000円程で手に入るものもあるようだ。

そのくらいの差であれば照明本体を購入する方が良いのでは…と思えてきた。

さて、シーリングライト探し始めるか。

ちなみに、我が家ではお払い箱になったリモコンスイッチだが、実家の和室のペンダントライトに使用している。再利用先が見つかり一安心!