築30年賃貸スマートホーム化計画

Amazon echoを手に入れたのでスマートホーム化がしたい今日この頃

左右独立bluetoothイヤホンTSUNEO「X3T」購入

以前から使用していたsoundpeatsのイヤホンを失くしてしまったので、AmazonタイムセールにてTSUNEO「X3T」を購入。現在2日ほど使用している。

 

 

SONYBOSEなどちゃんとしたメーカ(と言ったら購入したメーカーに失礼だが)から出

ているイヤホンに関しての記事は多いのだが、Amazonによくある5000円前後の左右独

立イヤホンについては情報が少ないので使ってみて感じたことなどレビューしたいと思

う。

 

まず始めに、私は音楽に関してド素人なの音質に関しては聞ければいいや、むしろ音楽鑑賞よりスマホでアニメ鑑賞の際に使用することが多いので全く参考にはならないこと

をご了承願いたい。

 

接続に関しては問題なく完了。説明書も日本語でbluetoothのペアリングをしたことがある人なら問題なく接続できるだろう。

電源を入れたときの「シェイシャン」みたいな中国語?が少し気になる。

「電源オン」とか「接続」とかいう意味なのだろうか。

接続してからも、特に途切れるなどは(まだ)ない。一度、変に音量が変動するなと思っていたら、耳に深く刺しすぎて聞こえにくくなっていただけだっだ(お手持ちのイヤホンを一度グッと置くまで入れてみてほしい)

 

⭕️良いところ

・なんといってもコードがない!快適!

 →圧倒的メリット

・収納ケースが充電器になっているので充電回数が少なくて済む。

 →以前使用していた、soundbeatsのイヤホンは充電がなくなる度に充電しなければならなかったので多少便利。しかし、バッテリー内臓のケースを持ち歩かなくてはならないので、人によりけりなメリット

・音質は普通

 →だと感じる。今までめちゃくちゃ良いイヤホンを使ったこともないが特に悪いとも感じない。

 

・なくす落とす怖い

 →左右が繋がっているタイプのワイヤレスイヤホンなら片方が耳から外れてしまっても右と左を繋ぐイヤホンのおかげで落とす心配比較的少ない。

しかし、完全独立型の場合は落ちる。そして形状的に転がる。歩行途中の側溝を怖いと感じたのはヒールがぶっ刺さり前に全力でこけたとき以来だ。

・タッチ式になっているので耳に挿入する際に誤って電源を付けてしまう

 →両方同時に電源を入れないと両方から音がでない仕組みになっている。耳に入れる

際にどちらかのスイッチが入ってしまっていたら、(耳に入れてしまったらライトが見れない為、電源が入っているかどうかもわからない)一回取り出して〜となんだかわさわさしてしまう。全然スマートじゃない。

・充電器から取り出しにくい。充電器のフタの磁石に方向がある。
 →イヤホン自体がまるっこい形なので取り出すときにすっぽリスリすぎで少々取り出しにくい。

また、充電器のフタは磁石で閉じる。それはとても便利なのだが、N極とS極が交互にフタと充電器本体に取り付けられているため、方向が合わないと反発して閉めることができない。

これはなにか意図があってこのような仕様になっているのだろうか。

 

まとめ

慣れていないこともあり落とすことへの恐怖が強い。めちゃくちゃ耳に入れ込んでしまう。笑

しかし、 徐々にココだ!というポジションを見つけつつある。イーヤーフックも付いているので運動する際は恐らく大丈夫なはず(現地点では未使用)(※ちなみにイヤーフックを取り付けた状態では充電器に入らない)

ジムのランニング中に使用したいと考えているが、イヤホンが吹っ飛んでいく場面が目に浮かぶようで勇気がいる。

恐る恐る耳を塞ぎながら使ってみたい。

レビューの文字数を見ると、デメリットが多いように感じるが、私はそのデメリットを

踏まえた上でも「コードが無い」というメリットが上回っていると思っている。

コード有りイヤホン→左右コード有リ型ワイヤレスイヤホン→左右独立型イヤホン

を使用してきたが、やはりコードゼロになったときの開放感はすごい。

イヤホンはピンキリだが、そこそこなイヤホンを使用場面によって使い分けることが私にとってはベストなのかな〜と当たり前のことを感じた今日この頃。