築30年賃貸スマートホーム化計画

Amazon echoを手に入れたのでスマートホーム化がしたい今日この頃

ロボット掃除機「ECOVACS DEEBOT N79」(使用した感想)

ロボット掃除機「ECOVACS DEEBOT N79」を使ってみた感想です。

まず、可愛い!

ロボット掃除機を導入した家庭なら必ず思うことではないだろうか。

後ろを付いて行きたくなりますね。

そして肝心の機能面ですが、今のところ想像以上の出来栄えで満足。

スケジューリング機能で、平日の外出時に掃除してもらっているので正直どこまでしてくれているのかは謎なのだが。

ダストボックスを見てみると、どこから集めてきたのかと思うほどのホコリが。

掃除機はかけてたんだけどな〜。

段差は、表示通り1センチは超えれる模様。

リビングから廊下、廊下から脱衣所は少しの段差があったので超えれるか心配だったが、問題ない様子。

廊下から寝室には入れるが出れない。

廊下→寝室は1センチ、寝室→廊下は3センチくらいの段差があるので、これは無理だろうなと予想通り。

普段は、寝室ともう一室の扉は締めておいて、LDKと廊下脱衣所を掃除してくれるようにしている。

また、絨毯も問題なく乗り越えてくれた。

2回使用したうちの1回目は、寝室の扉を開けていたので寝室で力尽きていた。

2回目はガスファンヒーターのホースに絡まって力尽きていた。

ガスファンヒーターのホースを出かける前に抜くのは面倒なので何か良い方法がないかと模索中。

「全ては権蔵(掃除機の名前)のために!」が我が家の最近に合言葉。笑

スマホアプリは起動が少々遅いのが難点。

掃除したいと思ってアプリを立ち上げても時間がかかるのでリモコン使ったほうが早いんじゃないかと思う。

私は、スケジュール機能を使ってるのでアプリ自体を使うことはあまりないので、問題はない。

あと、動きを見ていて感じたことは、「意外と壁際まで行かない」ということ、ちゃんと認識してくれていて、壁に当たらないのはありがたいが、ホコリってもんは隅にあるんだよ〜と言わずにはいられない。

壁面集中掃除モードもあるので、そのモードにすればきちんと壁面に沿って掃除してくれるので気になったときはそちらを使おうと思っている。

今のところ、ホコリはあまり気にならないので見ていないときにはちゃんと取ってくれてるのかな〜。 

引き続き使っていきたいと思います!

 

 

tutakiti-dx.hatenablog.com

tutakiti-dx.hatenablog.com

tutakiti-dx.hatenablog.com

 

ロボット掃除機「ECOVACS DEEBOT N79届いたよ!」

ロボット掃除機「ECOVACS DEEBOT」が手元に届いたので開封の儀!

おお!思っていたよりちゃんとしてる!笑

説明書も、翻訳しました!みたいのではなくきちんと日本仕様なとこもGOOD!

そしてセッティング!

Amazonから購入すると、登録しているメールアドレスに簡易操作マニュアルが届く仕様。

内容は、

「DEEBOT N79をご注文いただきありがとうございます!

新しいロボットをご購入いただいたことで、

家庭内の清掃がはかどり、日々の暮らしを楽しめるように心から祈ります。

本製品を安全かつ効率的に使うために、以下をご覧くださいませ。

簡易操作マニュアル

1. 充電ドックは、壁を背にして平坦な床に置き、コンセントにつなぎます。

2. DEEBOT本体の裏側にあるサイドブラシのスロットに同じ色のサイドブラシを押し込みます。・・・・・・・」

と、こんな感じでマニュアルが続きます。

手元に届いた製品にも簡易マニュアルは同封されているのだが、製品が届く前にメールで送ってくれるというのは、ちょっとしたことなのだが、好印象。

ちなみに、この子の名前は「権蔵」

THE MANZAIの千鳥のネタより。笑

使ってみた感想は次回!

 

tutakiti-dx.hatenablog.com

tutakiti-dx.hatenablog.com

 

ロボット掃除機「ECOVACS DEEBOT」(スマートスピーカーで操作できるじゃん)

ロボット掃除機について気づいたこと。

前回の記事でECOVACSのロボット掃除機を購入したことを書いた。

tutakiti-dx.hatenablog.com

 スマートスピーカーで操作できないのなら、せめてスマホで…と書いたのだが、スマスピで操作できるじゃん!

というのも、IFTTTと連携できないかと検索したらこんな記事を発見

584homes.com

あ、そっか。

リモコン付いてるんだから、赤外線で操作できるんじゃん。

おもわず、一人なのに大声で「あぁ!」と叫んでしまったよ。

赤外線操作できるならスマートリモコンで操作すれば、スマスピからも操作可能(なはず!)

まだ、手元に届いていないのでなんとも言えないが、恐らく可能だろう。

ルンバには赤外線で操作できる機能が付いていないので、安価なロボット掃除機を選ぶ理由のメリットとして、赤外線で操作できる点が挙げられる。

スマスピからの操作を使うかどうかは別としてですが。

あと1時間以内で来るはずなので手元に届いたら確認してみよう。

Amazon Echoの地味に便利な使い方 第二弾「帰宅時にほっこり」

地味に便利なEcho活用法シリーズ第二弾(勝手にシリーズ化)

我が家は1台のEcho Plusと1台のdotを所有している。

Plusはリビングにdotは寝室に設置している。

寝室に設置しているdotが結構音声を拾ってくれるので、地味に便利。

我が家は玄関に入って廊下の右と左に1室づつ部屋がある。その一室が寝室だ。

そのまま廊下をまっすぐ進むとリビングというよくある賃貸マンションの造りだ。

なので、玄関先でそこそこはっきりと発音すると、寝室にあるdotが音声を拾ってくれる。(扉は就寝時以外開いている状態)

定型アクションで、「ただいま:リビングに照明を点ける・帰宅時のフレーズ」と設定しておくと、

玄関で「ただいま」→寝室のdotが反応「おかえりなさい」→リビングに行くまでに電気が点く→明るい!

と地味に便利。というより、ホッとする。

主人より帰宅が早いので冬場になると真っ暗な中帰宅することになる。

真っ暗なリビングに入るより、明るいリビングに帰宅する方が気持ち的にホッとするのは私だけでしょうか?(もちろん電気は自分で点けているのですが)

という地味だけど、ホッとする使い方でした。

しかしながら、最近は新世代のEchoが出ているので前世代のEchoが安売りされていて、3,000円ほどで購入できるようだ。

玄関に一台・トイレに一台・洗面所に一台という設置も夢ではない。

スマートスピーカーがある生活が当たり前になる時代も遠くはないと感じる今日この頃。

 

☆地味に便利なEcho活用法第一弾↓

tutakiti-dx.hatenablog.com

 

ロボット掃除機「ECOVACS DEEBOT N79購入(しただけ)」

 

tutakiti-dx.hatenablog.com

 ↑こちらの記事の続編

ロボット掃除機買っちゃった!

サイバーマンデーで買っちゃった!

 買ったのはこれ!ECOVACSのロボット掃除機。

明日届く予定〜!楽しみ〜!

使えるか使えないかはわからないが、評価はぼちぼちのよう。

www.atoshira.com

こちらのサイトを参考にさせていただき、結局ECOVACSにすることに。

eufyかECOVACSで最後まで悩みましたが、最終的には見た目で決めたと言っても過言ではない。笑

上記のサイトに載っている3機種とも有名そうなのでそこまで性能に違いはないのかな〜と勝手に思ってます。

他の決め手としては

・吸引口に回転ブラシがある

スマホ対応

というところでしょうか。

絨毯も掃除したいので、回転ブラシがついているタイプ。

そして、やはりスマート化する上でスマホ対応は必要かなと思いまして。

残念ながら、安価なロボット掃除機にはマートスピーカーに対応しているものはないみたいなので、せめてスマホでスケジュール管理などできるものと思い、ECOVACSに。

スケジュール管理や外出先からでも、操作できるそう。

使うかどうかは分かりませんが。

さて、使用感などはまた後日記事にしたいと思います。

あ〜!楽しみだ〜!

 

Amazon Echoの地味に便利な使い方「出かける前の持ち物確認」

最近のEchoの地味に便利な使い方。

朝の忘れ物対策に使ってます。

定型アクションに「アレクサ、いってきます」で下記のように登録

最初は、一つのところに持ち物リストを入れていたのだが、そうするとめちゃくちゃ早口になって理解できない。笑

画像のように分けると、一つ一つ内容を確認できるスピードに。

そして、リビングの照明もついでに消す。

最近は、日の出が遅くなったので起床時に点けたまま出、かけるまでつけっぱなしにしてしまっていることが多いので。

もちろん、メモを貼ってもよいのだが、大抵見やすい場所=目に入りやすい場所

なので、お客さんが来た時になんだか恥ずかしい。(見栄っ張りなのだ)

その点、このようにしておけばスタイリッシュな部屋のまま忘れ物をせずに過ごすことができる!

最近使っている、地味~に便利な使い道でした。

Google Homeの役目ができました「Android TVで動画の一時停止」

Google Homeの役割が増えた話。

照明にテレビに扇風機にリモコンなどほとんどの操作をあEchoでしているので、正直なところGoogle Homeの出番があまりなかった。

唯一ショッピングリストだけは、Echoよりも音声認識が優れているGoogle Homeに任せていた。(スマホにショッピングリストのショートカットを作ってあるのでスーパーですぐに確認できて便利)

しかし、最近今更だが、youtubeの一時停止・再生ができることを知ってめちゃくちゃ便利だな~と感心した。

というのも、先日購入したHUAWEIタブレットによって、テレビとのミラーリングが簡単にできるようになったので、youtubeをTVで見る機会が増えた所為だ。

tutakiti-dx.hatenablog.com

 タブレットミラーリングしていると、近くにタブレットを持っていないが、動画を一時停止したい場合がある。

その際、Google Homeに一言「一時停止」と言うと動画が停止する。

SONYのAndroifTVなのでGoogle Homeとリンクしており、音声操作が可能なようだ。

また、「Youtubeで○○の動画再生して」と言うとランダムで再生もしてくれるが、目的なく(というか目的の動画以外)、動画を見る趣味はないので、私にとっては全く必要のない機能だ。

HUAWEIタブレットを購入したことによってGoogle Homeの使い道が広がるとは予期せぬ幸運。

我が家のGoogle Homeちゃんもさぞ喜んでいることだろう。

やはり、AndroidTVを持っているなら、Android端末は一つ持っておいて損はない。