築30年賃貸スマートホーム化計画

Amazon echoを手に入れたのでスマートホーム化がしたい今日この頃

Amazon Echo Spotだとぉ~!

www.itmedia.co.jp

以前から、本家アメリカではディスプレイ付きのEchoがあるので、

いずれ日本でも販売されるとは思っていたが、予想より早かった!

ほ~し~い~!笑

Googl Homeにうつつを抜かしていたら、EchoからSpotが発売されるとは!

なんだが、新型ゲーム機を前にした子供時代に逆戻りしたような感覚だ。

では、果たしてディスプレイ付きのEchoではどういったことができるようになるのだろうか。

www.businessinsider.jp

「天気やニュース買い物などが視覚情報として確認できる」という点が今までとは大きく違う。というのはディスプレイがあるのだから当たり前。

しかし、Echoを既に持っている私としては、そこまで魅力的には感じない。

Echoで買い物をする際は、たいてい決まったものを購入するのでわざわざ画面をみる必要性はない。し、あったとしてもスマホで十分だ。

天気予報に関しては、そもそもの精度があまりよくない(私の地域だけ?)

と、欲しいという感情を抑えるために、いろいろいちゃもんをつけたわけだが、

どうしても見逃せない機能が「メッセージの送受信とビデオ通話」である。

使いた~い!Echoを持っている同士通話をしてみたい。

そして、Echoからアレクサアプリにテキストメッセージを送信できるというのは是非とも早く試してみたい。

この機能は、Spotだけではなく他のシリーズでもできるのか?

また、我が家にはインターフォンにカメラがついていないので、「Arlo」との連携ができる機能も興味深い。

と思って検索してみたがなかなかのお値段ですね。

とりあえず、欲しいのを我慢して、実際に使用された方の感想を待つことにしたいと思います。 

Google Home Miniが我が家にやってきた

Amazon Echoを購入する際に散々悩んだ結果、Amazon一筋でいこうと決めて、早半年。(くらい)

先日、家族揃って夕食を食べているときに、机の上を見るとGoogle Homeの箱が置いてあった。

普段から雑多な机なので物が置いてあっても意識することがないからだろうか。

最初のうちは全く気付かず、いつそれが置かれたかも分からない。

発見したときは、思わず二度見してしまった。

私の影響(?)でスマートスピーカーの利便性を知った父親が自室にも欲しいので購入したらしい。

早速新しいもの好きの私は「新しいおもちゃを手に入れた」と箱を開封し設置。

Echoでスマートスピーカーの勝手はおおよそ知っているので、スムーズに設定。

なによりGoogle Homeは設置やアプリが簡潔で分かりやすい。

少しいじってみた感じの印象をEchoとGoogle Homeで比較してみる

 

Amazon Echo

カスタムや細かい動作を設定できる

スマートリモコンの操作はEchoがしやすい(まだGoogle Homeの操作に慣れていないからかもしれないが)

 

Google Home

簡潔で分かりやすい操作

検索機能が優秀

細かい計算もできる(100×0.06など。Echoではなぜかうまくできない)

 

といった違いを感じた。Echoの方がマニアむけGoogle Homeのほうがファミリー向けといったイメージ。

いろいろ設定をいじくりまわしたい人はEchoの方が応用が利くのかもしれない。

しかし、Google Home音声認識の高さは噂に聞く通り素晴らしい。

検索能力に長けている。

まだ少ししかいじっていないので、未知数だがEchoとGoogle Homeではやはり得意分野が異なるようだ。

対話や音声認識能力ではGoogle Homeが優秀だが、機能面では買い物(私はAmazonユーザーなので)Kindle読み上げ、カスタムスキルを使用できるAmazon Echoの方が優秀だと感じた。

頑なに、どちらかと決めつけるより「使い分け」という選択肢があることに今更気づいた今日この頃。

ちなみに、ラトックシステムのスマートリモコンをGoogle Homeでも登録すれば、EchoからもGoogle Homeからも操作できる。

現在実家のリビングでは、例えば照明をつける際

「アレクサ、和室の照明つけて」でも「OK,Google、和室の照明つけて」でも和室の照明をつけることが可能。

ちょこちょこGoogle Homeもいじっていきたいと思います。

ORVIBO「Magic Cube」(いつの間にかエアコン操作ができるようになっていた)

そういえば、実家の自室のエアコンの操作がいつのまにかできるようになっていた!

以前は、「ピッ」と反応はするのだが、作動しない。

(運転ランプは点いているのだが、温風も冷風も出ない)

ORVIBOのサポートブログより、エアコンのプリセットリモコンが増えたとの記事が

あったので、試してみたら作動するようになった!

blog.orvibo.jp

しかし、記事をよく読んでみると今回新たにDAIKINのプリセットリモコンが追加された
リモコンの型番は「ARC478A1」

対して私が使用している型番は「ARC478A30」

う~ん。違う ?

もしかしたら、以前から対応していたのか ?

今回のアップデートによるものではないのか?

まぁ、なんにせよ動いたのだからいいじゃないか!

設定しなおした際、定型アクションが上手く作動しなくなったが、

下記ブログどおりにあいだに「おやすみ」を入れることによって問題なく使用できている。

blog.orvibo.jp
・私「アレクサ、おやすみ」→照明·エアコンオフ(これが作動しなくなった。)

・私「アレクサ、おやすみ 照明オフ·アレクサ「おやすみ」·エアコンオフ

(間に「おやすみ」と言わせることにことによって、照明の信号送信とエアコン信号送信との間に時差がができる為、どちらの信号もきちんと送信することができるらいしい)

マルチエアコンリモコンで設定していたときは、冷房を作動させると常に風力MAXで
作動していた。(その設定で登録したからだと思うが、変更するのが面倒だった)

本格的に夏が来る前にきちんと使えるようになって嬉しい限りだ。

 

 

リビング照明スマート化計画(リビング照明の新たな事実)

以前の記事の結果発表

 

tutakiti-dx.hatenablog.com

 ダイニングで使用してみた赤外線リモコン(リモコンスイッチ)をリビングの照明に
移設するという計画ですが、結論から言うと無理でした!

やはり、赤外線受信部が照明本体に隠れてしまい使用できず。残念。

そして、リビング照明の新たな事実が発覚。

リビングのシーリンライトの蛍光灯が一本切れている!

道理で、間接照明を点けないと暗いわけだ。

節約?の為、シーリングライトの帖数の低いものを設置しているのかと思っていた。

(12帖のところに6帖用のライトを付けているといったケチくさいことかと思っていた。)

照明器具自体は設備なので、元から設置されているが確か電球などの消耗品は、借主負担だったような気がする。

前置きはここまでにして、本題のリビングスマート化の件。

赤外線リモコンが使用できないとなると、残された案は2つ

①リモコンを購入する

②照明を購入する

 

①に関しては、以前別売のリモコンが販売されているということで記事にした。 

tutakiti-dx.hatenablog.com

 照明本体を購入するより安価にスマート化することができると有力な案だったが、今回の件で蛍光灯が一本切れていることが発覚した。

となると、①案を採用する場合「リモコン+蛍光灯」の購入が必要になったわけだ。

リモコンが約1,700円 蛍光灯1,000円くらい?(そういえば蛍光灯を購入したことがない)

計3,000円くらい必要だとすれば、②案の可能性も否定できなくなってくる。

拘らなければ、12帖用(リモコン付)を6,000円程で手に入るものもあるようだ。

そのくらいの差であれば照明本体を購入する方が良いのでは…と思えてきた。

さて、シーリングライト探し始めるか。

ちなみに、我が家ではお払い箱になったリモコンスイッチだが、実家の和室のペンダントライトに使用している。再利用先が見つかり一安心!

キッチン照明スマート化計画(三歩進んで二歩下がる)

前回彼が天井の隙間に電球を落としたので、新たな電球を購入して新居に持って行った。

↓前回記事

 

tutakiti-dx.hatenablog.com

 

今度は気をつけて設置(私の父が)

そして、前回落とした電球もついでに無事救出!!(私の父が 笑)

父万能すぎる。ありがたや~!

壁にはめ込んでいるプラスチックの部分をマイナスドライバーで取外し、

天井の穴を剥き出しの状態にしてから取り出しました。

ふ~、一件落着とはいかないのがtutaのスマート化計画。

装着して、電球をを設置するところまでは問題なくいったのだが、いざ点けてみると暗い!

写真右側が元の電球で左側がIKEAのトロードフリ。白色と温色の違いだろうか。

若しくは、明るさが100パーセントになっていないか。

今回Echo Plusを実家に忘れてしまった為、明るさの調節ができなかったのだ。

(「アレクサ、ライト50%)のような使い方ができない)

デフォルトが100%であれば、今の状態がMaxの明るさなのだが、壁面スイッチでは明るさ調整ができないので今がどのくらいの出力なのかが分からない。

現状でMAXとなると、暗すぎてスマート電球は諦めるしかない。

ダイニングであればさほど問題にはならないが、キッチンとなると手元が見づらくては怪我に繋がりかねない。

 

しかし、実を言うと元々の(白色)電球を使用しているときから、キッチンの手元は見づらいという話はしていた。

というのも、天井についているスポットの位置がキッチンの手元の真上ではなく、少しずれたところにあるのだ。

キッチンの「手元」ではなく、キッチンに「立っている人間」を照らす位置にスポットが設置されている。

謎過ぎる設置場所。

内装リフォームの関係でキッチンの位置は変わり、照明以前のままの位置だとか?

なので、この際手元だけダイニングのダクトレールにスポットライトを設置して、それをキッチン方面に向けようかと考えている。

我が家はオープンキッチンになっている為、ダイニングのダ外レールからキッチンを照らすことができる。(たぶん)

とりあえず、(この言葉何回書いただろうか笑)ダクトレールスポットライト計画で考えていきたいと思う。

 

キッチン照明スマート化計画「頓挫」(ただの愚痴更新)

トロードフリの電球がキッチンの照明に使用可能かを確認してもらうために17E(細)を郵送した。

 

tutakiti-dx.hatenablog.com

 

「届いた〜」という連絡がきたので、「試してみて〜」と返信。

しばらくしてから、「ごめん!電球向こう側に落としてもうた」と連絡がきた。

はぁ??

どういうことなのかと聞いてみると、電球を設置する部分が少々特殊でソケットの接合部分(設置するネジ部分?)が、天井の内部に収納されていて外からは見えないようになっている。

その接合部分と天井内部?間に空間があり、設置する際に手を滑らせて穴の(壁の?)向こう側に
電球を落としてしまったそう。

f:id:tutakiti-dx:20180522064823j:image

図解(笑)

まぁ、滑りやすそうな形状してるし、起こったことを、とやかく言っても仕方ないのだが...。

はぁ…。

本体が入る(向こう側に落ちたのだから、間違いなく入る)ならば、恐らく問題なく使用できるとは思う。
しかし、接合部分が内部に埋まっている為、電球本体が半分程度壁に埋まってしまう気がする。
明るさ的にどうなのかというのが知りたいところだったのだが、今となっては知る術もない。

元はと言えば、なぜ普通の形状にしてくれなかったのか...。

999円なところがせめてもの救い。もう1つ購入しに行かなくては...。

はぁ...。

という愚痴でした。

トロードフリ17E (細)購入してきた

先日IKEAにトロードフリの電球を購入しに行ってきた。

購入品は下記のもの

・17E(細) × 1

 

・26E(温白色・電球色) × 2

 

17Eは前回の記事に書いたとおりキッチンの電球に入るかどうか試す用に1つ。

なんと、1個999円という驚きの価格!これで、きちんと使えれば御の字である。

取り急ぎ、17Eの電球を郵送して新居で試してもらおうと思っている。

26Eは廊下と、ダイニングの分。

これでとりあえず、照明のスマート化は完了の予定。

リビングの間接照明だけは保留のままだが...。

見たところ、蛍光灯が付いている模様。さすがにスマート蛍光灯はまだ発売されていない(と思う)ので、今のところは保留。

壁面スイッチをパナソニックが出している、壁付け型の赤外線受信機と交換する方法が

有力だが、スイッチを交換するだけとはいえ軽い工事となるためそれも保留。

あと1つというところが悔しい気もするが、仕方がない...。