築30年賃貸スマートホーム化計画

Amazon echoを手に入れたのでスマートホーム化がしたい今日この頃

Panasonic 人感センサー付きLED電球「トイレの照明をスマート化(?)」

トイレの電気をスマート化してみた!

スマート化と言っても、人感センサー付きの電球にしただけなんだけど。

これ。

人感センサー付き電球といえばこれ!といった商品らしい。

他のメーカーでも安いのが出ているのだが、なんといっても「消灯お知らせ機能」があるのでパナソニックにしました。

「トイレっていくら頭で勝手に消えると分かっていても急に消えたら怖いじゃん。」という理由。

さすがのパナソニック様で動作は全く問題なし。

お高くはなりますが、安心安定。

トイレだけではなくて、脱衣所用にも追加購入してしまった。

廊下も今のところ、IKEAの人感センサーを付けたけれど、電球に人感センサーが付いていた方が良いかな~と少し後悔中。

tutakiti-dx.hatenablog.com

 そしたら、廊下と玄関どちらも別に作動するので問題は万事解決!

う~ん。

ただ、試しにパナソニックの電球を廊下につけてみたところ、IKEAの人感センサーと同じく明るさセンサーがついているのにもかかわらず日中でも点灯しまくった。

明るさセンサーとは明るいうちは点灯しないようにする機能。

それが、IKEAのものとパナソニックパナソニックでは感度が違うもよう。

パナソニックのものは感度が良い(?)ので日中も日の光があまり入らない廊下だと反応して点灯する。

確かに廊下は薄暗いので照明が欲しいときもあるのだが、通っただけでいちいち点灯していたら電気代的にどうなのよ。というみみっちい心配。

対してIKEAの人感センサーは感度がさほど良くないのか、多少薄暗くても点灯しない。

どちらが良いのかは迷うところ。

う~ん。けど、電球他に使うところないしな~。勿体な~い。

 

Amazon Echo Alexaコール・メッセージ機能「なんだ、できんじゃん」

 以前にコール&メッセージ機能について書いたのですが、ちゃんと通話できるということを知りました。

tutakiti-dx.hatenablog.com

 こちらの記事を見て↓

gunosy.com

なるほど。コール&メッセージ機能には3つの種類があるらしい

・呼びかけ

・コール

・メッセージ

私が試していたものは「呼びかけ」機能。

基本的には家のなかで呼びかけるときに使う機能らしい。

なので電話のように応答を確認する機能がない。

電話として使いたい場合は「コール」機能を使えば、きちんと相手の応答を待ってから通話することができる。

こっちだ!この機能が使いたかった!

これならば、友人にも気軽に連絡がとれる!ちなみに、通話料金はかからない。

smartsp.net

電話番号を登録したのでてっきりそこから、かけているのかな~(通話は携帯電話でしていてスピーカーとしての機能だけかな?とか)と思ったが一安心。

ライン電話やスカイプ的なものだと思えば分かりやすい。

ちなみに、メッセージ機能は相手に対してボイスメッセージを送信する機能。

留守番電話的ポジション?

いやぁ~、本当にネットというものは便利だと痛感する今日この頃。

 

Echo Dot (エコードット) - スマートスピーカー with Alexa、ブラック
 

 

Amazon echo「次世代続々」

そういえばそういれば!

Amazon Echoから続々と新商品が出ていますね!

echo Showはスクリーンが大きくタブレットのような印象。

 また、echoシリーズにも次世代が!

 というか、すでにdot第三世代なんですね。第一世代ってどんなんだ?

dotとPlusは次世代モデルが出ましたが、無印(って言うのか?スタンダードなEchoのこと)はそのまま。

まぁ、負け惜しみではないですが、私は全世代のデザインの方が好きですよ!

 スタイリッシュだし!

まぁ、ガジェットに限らずなんにでも言えることですが、どんどん新しいものが出てきて、欲しくなる宿命・・・。

新バージョンのdotとPlusはまだしも、画面付きのものが一台欲しいなぁ~。

さーて、働きますか~!!

ネットワークカメラ「胴体検知が敏感すぎる」

PLANEXのスマートカメラの胴体検知が敏感すぎる件について。

鍵の開閉を外から確認するために設置したスマカメだが、せっかくなので留守中胴体検知をONにして出掛けている。 

tutakiti-dx.hatenablog.com
tutakiti-dx.hatenablog.com

IFTTTでグーグルホームから見守りモード(胴体検知とそれに連動した録画モード)をオンにできるようになったので、出かける前に簡単にON!

それは良いのだが、設置場所が悪いのか、胴体検知の設定を「低」にしているにもかかわらず、すごい勢いで反応する。

動きを検知で動画撮影のはずが、随時録画されているレベルで動きを検知している。

撮影されている動画を再生してみると、特に動きがあるわけでもない。

しかし、画面が明るくなったり暗くなったりしている。

画面が点滅している原因はよくわからないのだが、光の点滅に反応して胴体検知が反応しているらしい。

まぁ、人工知能が入っているわけでもないので、画像の変化が動きによるものなのか、光の加減や虫なのかの違いを見分けろという方が無理な話。

購入を検討されている方は、胴体検知に関しては、おまけ程度の感覚で考えておいた方が賢明かもしれない。

 追記

何日か試してみたところ、見守りモードをオンにしていても全く胴体検知をしない場合と先述したように常に胴体検知をする場合がある。

Googl Homeから、見守りモードをオンにした場合胴体検知過敏。

アプリから見守りモードをオンにした場合は全く反応しないことが多い気がする。

IFTTTの連携がうまくいっていないだけかもしれない。

引き続き設定をいじって検証したいと思います。

Amazon echoの地味に新機能「シンプルモード」

昨晩の夕方暗くなってきたころ。

いつものようにリビングの照明をAmazon echoで点けたところ、その後に続けて「ところで、シンプルモードをオンにしますか?」といって内容を聞いてきた。

普段ならば、「アレクサ、リビングの照明点けて」「はい」で終了するので、いきなりアレクサが話しかけてきて、一人で家でビビってしまった。

とりあえず、促されるままにシンプルモードとやらをオンにしてみた。

もちろんアレクサアプリからも設定可能で、

設定(下の歯車マーク)→Alexaアカウント→Alexaの応答

から変更することができる。

Alexaアプリの説明を読んでみると、簡潔に話すようになるらしい。

もともと、Amazon echoとお話するようなことはあまりなかったので、簡潔になっているかの比較はできない。

しかし、リビング照明を点けるなどの操作の際、「○○点けて」「はい」といった返答の「はい」が「テコン」という機械音に変わっていた。

とりあえず今のところはそのくらいの変化しか見つけられていない。

「はい」も「テコン」も長さ的には変わらないので、それならば慣れ親しんだ日本語がちょっと苦手なアレクサちゃんの方が愛着があって、私は好きだな~。

 

 

IKEAトロードフリの人感センサーを購入「玄関照明が自動で点きます!」

IKEAトロードフリの人感センサーを購入!

先日友人の結婚式で実家に帰省していたので、ついでにIKEAに行って人感センサーを購入してきました☆

夜に帰宅した際に、玄関の照明をいちいち点けるのが面倒だったので設置。

照明はもともとIKEAのトロードフリを使用していたので人感センサーのみを購入。

www.ikea.com

結構お高い。

そして、設置。

Amazon echoとペアリングしているのでリセットを行ってから、人感センサーとペアリング。

 リセット方法は過去記事↓

tutakiti-dx.hatenablog.com

 ペアリングは、説明書通り電球の近くでボタンを10秒押すだけ。

(※ちなみに、人感センサーとペアリングしてしまうと、echoでの操作は不可能。

音声操作か人感センサーどちらか一つでしか操作はできない。)

さて、人感センサーで照明を点けることには成功したが、今度は設置する場所が微妙。

我が家の玄関照明はそれ単体の照明ではなく、廊下の照明と兼用。

玄関の照明スイッチを点けると、廊下の照明も連動して点くようになっている。

人感センサーを使用するためには、壁面スイッチを常にONの状態で使わなければならない。(壁面スイッチで操作してしまうとリモコンは使えなくなるのと同じ)

その為、玄関照明を人感センサーで操作したいとなると、必然的に廊下の照明も人感センサーで操作することになる。

玄関に近い場所に人感センサーを設置してしまうと、廊下の照明を点けたい場合に玄関近くまで行かなくてはならない。逆に廊下中央に設置してしまうと、玄関を入ってすぐには人感センサーが感知しない。

う~ん。微妙。

真っ暗な中、靴を脱ぎ廊下中央まで進まなくてはならない人感センサーに果たして意味はあるのか。とりあえず、廊下中央に設置して、様子をみようと思います。

ちなみに人感センサー自体は、とても優秀。

日中に照明が不必要な時間(明るい間)は反応せず、暗くなったら人感センサーを自動でONにするモードや、OFFにする時間も1分・5分・10分と3段階で選べたりとシンプルながら充実した機能。

Amazon echo コール&メッセージ機能「遠方の人と通話してみた」

Amazon echoコール&メッセージ機能を遠方の人に試してみた!

 

tutakiti-dx.hatenablog.com

私の実家にもAmazon Echo dotがあるので、コール&メッセージ機能を使って会話を試みた。

「アレクサ、呼びかけて」と言うと「○○さんに連絡しますか?」聞かれるので「はい」と答えると、その人に繫がる。

予想外だったのは、呼びかけた後に、「応答するかしないか」という選択ができないこと。

電話のように、発信→応答→通話という順序ではなく、呼びかけるとすぐに相手の端末と繋がる。

つまり、呼びかけると相手が忙しかろうが、何をしていようが会話が丸聞こえになってしまうのだ。

この仕様は少し怖い。

もちろん、音(通話が始まった時に「テロン」という音がする)と光(通話中は緑のランプが点灯)で通話しているかどうかの判断はできる。

しかし、相手に悪意がなくても、自分の知らない間に会話が始まっている(聞かれている)ということも考えられなくはない。

お互いに許可しあった人しか呼びかけることはできないにしても、許可する相手は慎重になった方がいいかもしれない。

いくら許可しあったといっても、電話のように応答する・しないの選択ができるようになれば、気軽に友人にも連絡先を教える気になるのだが・・・。

通話の音声については、ガサゴソというノイズや、自分が発した音声の反響(?)などは少し気になるが十分会話できる程度。

実家を離れて、家に一人(彼は仕事中)寂しいときに実家に繋げると、まるでそこにいるかのように家族と会話ができるのは、とても嬉しいことだ。

こうなってくると、いよいよ画面付きのspotが欲しくなる今日この頃・・・。

けど、コーヒーメーカーも欲しいんだよな~!!  

Echo Dot (エコードット) - スマートスピーカー with Alexa、ブラック